お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

 
 
 

ガーデンスタイリング

0
 

人気ブロガー「風景」をつくるガーデニング術

「チェルシーフラワーショー2018」の記事一覧

チェルシーフラワーショー2018・レポート(後編)~ショップ&パビリオン〜①

今年開催された、チェルシーフラワーショー2018のレポートも、今回で最後となります。 初回は、世界的ガーデンデザイナーの石原和幸氏のコンテストガーデンができるまで、庭づくりに 関わらせていただいた僕が、改めて振り返ってレポートさせていただき...

チェルシーフラワーショー2018・レポート(後編)~ショップ&パビリオン〜②

次に、グレートパビリオンと呼ばれる、大きなテントで囲われた室内ブースの方を見て回りましょう。 こちらが、そのグレートパビリオンのメインの出入り口。 会場南側のテムズ川入口の正面に、このグレートパビリオンはあります。 僕たちの作庭作業が始まっ...

チェルシーフラワーショー2018・レポート(後編)~ショップ&パビリオン〜③

ここからは、葉もの植物をいくつか。 こちらは、ギボウシ(ホスタ)のナーセリー。 イギリスでも、ギボウシは大活躍で、至る所のガーデンで良く見かけます。 品種も、日本と変わらないくらい、たくさんありそうです。 こちらは、シダ植物専門のナーセリー...

チェルシーフラワーショー2018・レポート(中編) ~コンテスト・ガーデン全紹介〜①

前々回の記事では、この5月にイギリス・ロンドンで開催された、「チェルシー・フラワーショー2018」に、 日本人ガーデンデザイナー・石原和幸氏のチームの一員として、庭をつくってきた話を書かせていただきました。 今回は、その続編として、石原先生...

チェルシーフラワーショー2018・レポート(中編) ~コンテスト・ガーデン全紹介〜②

【 Artisan Gardens 】 ここからは、「アーティザン・ガーデン」部門の庭を紹介していきます。 フラワーショーの花形となっている「ショー・ガーデン」に比べると、その敷地面積は3分の1ほどの大きさに なりますが、作り込まれた美しい...

チェルシーフラワーショー2018・レポート(中編) ~コンテスト・ガーデン全紹介〜③

【 Space to Grow Gardens 】 続いては、第3の部門、「スペース・トゥ・グロウ・ガーデン」部門の庭です。 こちらは、庭の大きさ的には、「アーティザン・ガーデン」部門と同じくらいの大きさの庭ですが、 印象としては、若手登竜...

チェルシーフラワーショー2018・レポート(前編) ~ガーデンデザイナー・石原和幸氏の「おもてなしの庭」ができるまで~

今回は「僕のおススメ」シリーズではなく、この5月にイギリス・ロンドンで開催された チェルシー・フラワーショーに行って来た話を書こうと思います。 いつもよりかなり写真多めですが、良かったらお付き合いください。 皆さんは、世界的に著名な日本人ガ...

ひで

『進化する庭、変わる庭』をテーマに、庭歴5年目。本業は街づくりコンサルタント、一級建築士、一級造園施工管理技士、登録ランドスケープアーキテクト(RLA)。土面の殆どない庭で、現在約120種類のバラと、紫陽花、クレマチス、クリスマスローズ、チューリップ、芍薬等を育成中。僕が自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。それは、植物の持つデザイン性と無限の可能。そして、都市部の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫で、『風景をデザインできる』ということ。個々の庭を変えることで、街の風景も変えられるはず…。『庭を変え、街の風景を変えること』が僕の人生の目標、ライフワーク。ーー庭を変えていくことで人生も変えていくchange my garden/change my lifeーー

個人ブログChange My Garden

Archives