お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

 
 
 

ガーデンスタイリング

0
 

人気ブロガー「風景」をつくるガーデニング術

我が家のシェードガーデンとギボウシの庭

ひで

8月に入り、毎日暑い日が続きます。

真夏の暑いさ中、少しでも涼やかな気分になってもらえればと思い、

今回は、我が家の中庭、シェードガーデンについてご紹介したいと思います。

DSC_7819.jpg

早速ですが、こちらが我が家の中庭・シェードガーデン。

写真は、まさに今年のシェードガーデンの様子で、様々な種類のギボウシ(ホスタ)を植えているエリアです。

まず、このエリアがどのような環境条件なのかをご理解いただくために、我が家の中庭の構造をご覧いただきます。

DSC_2922.jpg

写真は数年前のものですが、我が家の中庭を2階っから見下ろしたアングルです。

写真の中央手前(下)に玄関扉があり、その前は乱張り石を張り詰めたテラスとなっています。

写真右側が前面道路(前庭)で中庭へアプローチしてきます。

乱張り石のテラスの向かって右側に、中庭のシンボルツリー・コハウチワカエデが植栽された

土のエリアがあります。

逆にいうと、それ以外は、石張り、ウッドデッキテラスで占められていて、

地植えできるスペースはとても限られている状況です。

また、写真上が方位でいうと南になるのですが、お隣の建屋が近接していて、

我が家の中庭は南向きですが、「日陰の庭」いわゆる「シェードガーデン」になってしまいます。

都市部の住宅地にありがちな環境条件で、中庭で植物を育てるには様々な制約があります。

DSC_6474.jpg

2階から、中庭のシンボルツリー、コハウチワカエデを見下ろした写真です。

高木なので、枝先には十分、太陽の陽が当たりますが、

足元の植栽スペースの約半分は隣の建屋の影になってしまいます。

DSC_6357.jpg

こちらは、中庭からシンボルツリーのコハウチワカエデを見上げたアングルです。

隣戸の影と、高木のコハウチワカエデの影が落ちるエリアになります。

こんな条件の悪い場所でも、我が家では貴重な土のある場所で、

植物を地植えすることが可能なエリアなのです。

DSC_2120.jpg

こちらの写真は、もうかれこれ10年近く前、ガーデンリフォームを行う前で、

中庭のこのエリアには、鬱蒼と茂る常緑樹のシラカシが植えてあり、

今よりさらに印象の悪い、陰鬱な場所でした。

つるバラの庭を作ろうと一念発起し、このシンボルツリーのシラカシを抜き、

代わりに、落葉樹で株立ち樹形の軽やかなコハウチワカエデに入れ替えました。

このあたりは、バックナンバー記事で、書いていますのでご興味がある方は、

そちらの記事もご覧ください。

   (※ こちらをご覧ください → 「我が家のガーデン・リフォーム、ビフォー&アフター」 )

IMG_4204.jpg

こちらは、大掛かりなガーデンリフォームを行った直後のシェードガーデンです。

中央には、株立ち樹形のコハウチワカエデ。

周囲には日陰でも生育するシダやグランドカバーの宿根草・フッキソウに加え、ユキヤナギ等を植栽していました。

少しでも明るくするため、地面には白い、サビ石(小粒)を敷き詰めています。

これが我が家の中庭のシェードガーデンのスタート時の様子です。

ここから試行錯誤を繰り返しながら、現在のシェードガーデンへと変遷する様子をご覧いただきましょう。

DSC_1549.jpg

こちらは、ガーデンリフォームを行ってから数年後の様子。

コハウチワカエデの株元に、日陰でも生育するギボウシを数種類植え込んでいます。

当初植えていたユキヤナギの代わりに、中庭でバラを咲かせたいとの思いで、日陰にも強いとされる木立性のバラを

植栽してみたり(写真右奥)しましたが、やはり日光量が足りなくて咲かず、掘り上げて別の場所に移植しました。

DSC_7655.jpg

シェードガーデンには、葉の美しいギボウシが似合うと確信し、様々な葉色や模様のギボウシを導入しました。

また、ギボウシより葉形が繊細なフウチソウも鉢植えで配置したりしてみました。

日陰の環境に適応したのか、シダは旺盛に生育し過ぎて、むしろない方がシェードガーデン全体の調和がとれる

ということで、このあと、別の場所に移植しています。

DSC_0957.jpg

こちらは、3年前2019年の中庭・シェードガーデン。

「ギボウシの庭」というコンセプトに落ち着きつつも、他の植物にも興味があり、ホタルブクロやスノードロップ、

ヒューケラ等、日陰にも強いとされる宿根草を試したりしていました。

葉の形や立ち姿が少し乱れて、あまり美しくありません。

DSC_1942.jpg

そして、こちらが昨年2020年の中庭・シェードガーデン。

庭石や陶器の壺などを点景として配置し、その間に、ギボウシを植える「ホスタ(ギボウシ)ガーデン」に

結局、落ち着きました。

ただ、当初は斑入りのギボウシが多かったのが、いつの間にか普通のギボウシが目立つようになり、

単調な庭になってきたため、ギボウシの葉のバリエーションを効かせて、シェードガーデンとしての風景を

デザインするため、さらなる改良を加えることにしました。

2018年、イギリスチェルシー・フラワーショ―で見た、ギボウシのナーセリーの展示場のイメージが

頭の片隅に残っていたからかもしれません。


DSC_8817.jpg

こちらが、2018年チェルシーフラワーショーで見たギボウシ(ホスタ)のナーセリーの展示ブース。

鉢植えのギボウシを並べただけとも言えますが、様々な斑入りのギボウシが素晴らしい育成状態で展示され、

とても印象的でした。

こんな庭を作ってみたいな、とその時思ったのです。

  (※ 詳しくは、バックナンバー記事をご覧ください。→ チェルシーフラワーショー2018・レポート(後編)~ショップ&パビリオン〜③

DSC_4235.jpg

そして、昨年2020年より、園芸店に行くたびに、コツコツと様々なギボウシを買い集めるようになりました。

まずは小さな鉢植えで育て、ある程度大きくなったら、このシェードガーデンに地植えするという流れです。

DSC_7819.jpg

そして、こちらが、今年2021年の中庭・シェードガーデンです。

昨年の秋に、シェードガーデンのギボウシを一旦全部掘り起こし、葉の色や大きさ、斑の入り方などを考慮して、

ギボウシの配置を見直しました。

DSC_7956.jpg

シェードガーデンを全てギボウシにするのではなく、いくつか別の植物も導入しています。

こちらが、そのひとつで、フウチソウ。

伊賀焼の土管を庭の土の中に逆さまに埋め込んで、レイズドベッドのようなスタイルで高植えしています。

DSC_7873.jpg

フウチソウの細く軽やかな葉形と、こんもりと黄緑色の葉が茂るボリュームが、

シェードガーデンのアクセントになっています。

DSC_7889.jpg

以前は、シンボルツリーのコハウチワカエデの株元の土が見えていたのが、様々なギボウシを密植し、

土が見えないほどに繁茂しています。

ギボウシの葉の色や形、模様も多様になり、明るくリズミカルなシェードガーデンに変化しました。

DSC_7840.jpg

フウチソウの他に、ブルネラ・ジャックフロストという宿根草も、ギボウシの葉の影にさりげなく入れています。

ギボウシにはない質感と葉の模様が特徴です。

DSC_7962.jpg

写真に写っているのは、僕のギボウシコレクションの中の一部ですが、特に気に入っている品種、

いわば「一軍」を集めたシェードガーデンの風景です。

DSC_7961.jpg

ギボウシの植え方にも気を付けていて、植える土面にもわずかな起伏を設けるとともに、

一部のギボウシには、先に説明したフウチソウと同様、伊賀焼の土管を逆さに埋め込んで、

レイズドベッド状にして、さらに段差を付けるようにしています。

DSC_7957.jpg

また来年は、ギボウシの配置が変わっているかもしれませんが、今はこれをひとつの到達点として考えています。

当初のシェードガーデンの写真(ガーデンリフォーム前の写真)と比べると、同じ場所でも全く雰囲気が変わって

いるのが分かっていただけるでしょうか?


今回、我が家の「ホスタ(ギボウシ)ガーデン」を取り上げましたが、あと2回、「ギボウシの魅力」と

「僕のギボウシコレクション」と題して、ギボウシネタをお届けする予定にしています。

ギボウシ好きの方、乞うご期待ください。


■おすすめ特集

gar_rosegarden_w.jpg

ひで

『進化する庭、変わる庭』をテーマに、庭歴5年目。本業は街づくりコンサルタント、一級建築士、一級造園施工管理技士、登録ランドスケープアーキテクト(RLA)。土面の殆どない庭で、現在約120種類のバラと、紫陽花、クレマチス、クリスマスローズ、チューリップ、芍薬等を育成中。僕が自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。それは、植物の持つデザイン性と無限の可能。そして、都市部の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫で、『風景をデザインできる』ということ。個々の庭を変えることで、街の風景も変えられるはず…。『庭を変え、街の風景を変えること』が僕の人生の目標、ライフワーク。ーー庭を変えていくことで人生も変えていくchange my garden/change my lifeーー

個人ブログChange My Garden

Archives