吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~ 吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~

記事一覧

いちばん いい時...以外にも

写真は、アガスターシェやアキレアが行儀よくまっすぐに延びているところ。 宿根草が好きです。とにかくあらゆる宿根草。 この夏から秋にかけて、手間少なく楽しめる宿根草の庭づくりをテーマに、およそ1万株越えの植物の選択をしてきましたが、場所によ...

猛暑と台風にも負けなかった夏越しの植物

今日は、星の王子さまミュージアムの秋の植物の植え替えでした。台風で痛んでしまった植物を除去して秋の花を植えました。水分過多を嫌う植物は、このところ繰り返しやってきた台風や大雨で、かなり弱ってしまっていましたが、この写真は、何年もの間ここで...

秋は、春のためにある 初夏の浜松、初秋の箱根

だなんて、いわれても、困るかもしれませんが、私の場合は完全に。 この景色を再現するために、今、この植栽構成で頭のなかがいっぱいになったりしています。 秋は春の準備に費やす季節であり、それは、球根の発注がスタートする7月には始まっているのだ...

北海道 銀河庭園 これからダリアがたくさん!

前代未聞の大型台風の襲来、その翌日9月6日の未明に起きた大型地震。 銀河庭園の地域にも、大きな被害がありましたが、スタッフの最大の努力によって 今日のダリア祭りは、まるでほとんど、何事もなかったかのように無事、開催されました。 100本以...

フューチャーなプランツを探して

「手間をかけること惜しまない」ことが園芸の美徳。を、否定するつもりは毛頭なく それは、1992年から1998年の間の、私のある時代、体力に自信があって、時間も自由に使えた日々においては、十分に許されていたので、手間をかけることがひたすらに...

憧れの Future Plants を訪ねて-3

日本とオランダでは環境が違いますが、環境に対して順応性の高い植物は存在します。 なので、そうしたことも含めての質問を。 「あと、これもおすすめ。いいでしょう?」と、ゲリットさんからポイントアウトされたのが サルビア プラテンシス Salv...

憧れの Future Plants を訪ねて-2

広々とした圃場と後ろに見えているのがショウガーデン。 トライアル中の宿根草も数々植って、それぞれの株の広がり方や大きさを検証できる。 「日本は雨が多いから宿根草が倒れるのが問題なのですが、雨でも台風でももっとも、倒れない宿根草はどれ?」の...

憧れの Future Plants を訪ねて

旅の後半、ついに、Piet 様オリジナルの宿根草を世に送り出している、 フューチャープランツの本拠地へ。 Piet Garden の宿根草を識る上で、絶対に欠かせないのがこのFuture Plants . 設立から約30年を迎えました。 ...

ナーサリーあればこそ Tuingoed Foltz

Tuingoed Foltz(タンフードフォルツ)タンフードはガーデニングという意味だそうで Andries Bierling(アンドリー・ビアリングさん) とBob Foltz (ボブ・フォルツさん)の 運営するナーセリーを訪ねました。...

いま、宿根草の庭/鑑賞とメンテナンス

なぜ、今、NEW PERENNIAL PLANTS MOVEMENT か。ということ。 もう一度見直したいと思います。イングリッシュ・ガーデン発のガーデニングを 楽しく続けていく上で、この動きはそれぞれのガーデナーが 正しく理解しておいた...

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの菜食デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives